今ごろですが・・学習塾をはじめました!

三重四日市の幼児~学習塾『学研ウォンツ四日市校』です!指導者の日々の想いやお母さんが自宅で勉強をみる時のヒントなどを綴ります♪

勉強っておもしろいな、こうやって教えると分かりやすいよ~ 日々感じたこと、思いついたこと、少しでも子育てのお役にたてるように子育て中のお母さんに向けて・・・!

syugo

国語が得意な生徒と、苦手な生徒。
その違いって、文法がちゃんと分かるかどうかなのかなぁ・・と漠然と思っていました。

文法って「法」が付くだけあって、すごく規則性があって、ちょっと算数の公式っぽい?なんて思うのは私だけ?
自称リケジョ?の私自身も比較的文法は好きでした

ところがどっこい、これを子どもに教えるとなるとなかなか難しい。

小学校2年生になると「主語」と「述語」が出てきます

家でお子さんの宿題をみているお母さん、お子さんが主語がわからない、全然違うものを主語だと答える・・そんな場合どうしたらよいでしょう?

例えば、

①いぬは、りこうな どうぶつだ。

②おとうとが、本やで マンガを かった。

この場合、どれが主語でどれが述語ですか?



教室仲間のベテラン先生に聞いたところ、

「あのね、述語に線を引かせるのがコツなんだよ~」

とこっそり教えてくれました

小学校2年生では、①はまだしも、②の問題になると主語に線を引くのは難しい!
でも、述語なら線を簡単に引けちゃうのです

なぜなら、「。」のすぐ上が述語のことがほとんどだから。

確かに!!!

①いぬは、りこうな どうぶつだ。

①では、「どうぶつだ。」が述語。
主語の見つけ方は、
どうぶつは、なに? ⇒ いぬ ⇒ じゃあ主語は「いぬは」だねー!という流れ


②おとうとが、本やで マンガを かった。
②では、「かった。」が述語。
主語の見つけ方は、
かったのは、なに? ⇒ マンガ ⇒ じゃあ主語は「マンガを」⇒ ブー(不正解)
かったのは、だれ? ⇒ おとうと ⇒ じゃあ主語は「おとうとが」だねー!(正解)

ここで、またややこしくなるわけなんですが、

主語のあとには 「は」「が」がつくことが多いよ~と伝えます。

※「は」「が」以外の助詞が主語に付く場合も実際には多数ありますので、主語の後には必ず「は」「が」が付くよと言ってしまうと間違いになります。

「おとうと」には「が」という助詞が付いているので、主語の確率が高くなるわけです

ちょっとややこしい?ですか?
でも、述語を見つけてから主語を探すという方法は理にかなっているように思います

宿題で「主語をみつけよう」という問題が出たら、ぜひ述語に線を引かせてみてくださいね


ランキングに参加しています! 
ポチッと押していただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 四日市情報へ
にほんブログ村


教室★学研ウォンツ四日市校はこちら

20170920

小さい子どもってどうやって数を理解していくのか?
ちょっと興味ありませんか~?
うちの子もお風呂の中でよく「い~ち、に~い、・・」と数を数えさせたものです(笑)
100まで数えられるようになった!
母は嬉しかったのですが、なんということはない
実は100まで言えることと数が数えられることは、全然別なのです

お風呂の中で100まで言えるのは、お歌を歌う感覚なのです。
これを「数唱(すうしょう)」といいます。

そして、キャンディーが1個、2個、3個とひとつづつ数えられることを「計数(けいすう)」といいます。

このほかに「概括(がいかつ)」というのもありまして、全部でいくつ? というやつです。
キャンディーがひとつづつ数えられるようになったら、全部でいくつあるか確認するのです。

そして「抽出(ちゅうしゅつ)」。これが一番?難易度が高いのですが、全部の中から何個ちょうだい、といって抜き出す、という作業になります。

以上の
「数唱(すうしょう)」⇒「計数(けいすう)」⇒「概括(がいかつ)」⇒「抽出(ちゅうしゅつ)」
という4つの概念が理解出来るようになると数に関して分かるようになってくると言われているそうです。

なんだか文字にすると難しいですが、これって普段の遊びの中でも体験できること

キャンディーが何個ある~?
全部で何個だった~?
2個ちょうだい!

そんなやり取り、ぜひやってみてくださいね

教室情報はこちら


ランキングに参加しています! 
ポチッと押していただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 四日市情報へ
にほんブログ村




キャプチャ

上のような繰り上がりのある足し算は小学校1年生で出てきます
9+4=13
これを小学1年生に教える時には
下の様に10のかたまりを作って計算するのです!

ちなみに9+4の場合
先に来る9を被加数
足す4を加数といいます

加数である4を
1と3に分解するので加数分解と呼ばれるわけです

8+5なら
5を2と3に分解します!
8+2+3となるわけです。

で、それがどうしたの? となりそうですが
小学校に上がる前の準備をもししたいなぁ~というお母さんがいたら

あといくつで10かな?
というのを意識して、日常の中でも聞いてみるといいのかなと思います

キャンディーが6つあるね~。あといくつで10こかなぁ?

みたいな感じですね
10がむずかしい時は、まずは5までの数でやってみてくださいね

きっと繰り上がりのある足し算の時に役に立ちますよ~

この記事の教室情報はこちら♪


ランキングに参加しています! 
ポチッと押していただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 四日市情報へ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ