キャプチャ

上のような繰り上がりのある足し算は小学校1年生で出てきます
9+4=13
これを小学1年生に教える時には
下の様に10のかたまりを作って計算するのです!

ちなみに9+4の場合
先に来る9を被加数
足す4を加数といいます

加数である4を
1と3に分解するので加数分解と呼ばれるわけです

8+5なら
5を2と3に分解します!
8+2+3となるわけです。

で、それがどうしたの? となりそうですが
小学校に上がる前の準備をもししたいなぁ~というお母さんがいたら

あといくつで10かな?
というのを意識して、日常の中でも聞いてみるといいのかなと思います

キャンディーが6つあるね~。あといくつで10こかなぁ?

みたいな感じですね
10がむずかしい時は、まずは5までの数でやってみてくださいね

きっと繰り上がりのある足し算の時に役に立ちますよ~

この記事の教室情報はこちら♪


ランキングに参加しています! 
ポチッと押していただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 四日市情報へ
にほんブログ村